睡眠が不足するとお肌が荒れるのはなぜ?

睡眠不足が肌に与える影響

 

睡眠不足が続くと肌が荒れてきますね。
これは22時~2時までの間にたくさん分泌される成長ホルモンが関係しています。

 

肌細胞は新しく生まれて、古くなって死んでを繰り返しているので、

 

正しい睡眠をとらないと細胞の入れ替わりが適切に行われなくなり、新しく生まれた細胞と古くなった細胞とが残ってしまう状態になります。

 

細胞の新陳代謝リズムが崩れることが睡眠不足で肌が荒れる原因です。

 

細胞の新陳代謝を促進させるためには、毎日取る栄養も大事ですが睡眠もとても大事なんですね。

 

まずは睡眠をしっかりと成長ホルモンが分泌される22時には睡眠に入れるようにしてみてください。

 

もしどうしても22時には寝れないという場合は、睡眠の質を上げることも一つ有効な手段です。
次の日に疲れが抜けない場合や肌状態が悪いような場合は、しっかりと睡眠を取れていない可能性があります。
睡眠の質を上げることを考えてみて下さい。

 

睡眠の質を上げるために、

 

寝室の掃除をして新鮮な空気を保つこと
シーツなどの寝具を新しいものに取り換える
枕など自分に合うものを使う
布団のホコリを取る

 

などが有効です

 

これでもまだ睡眠の質が悪いという場合は睡眠の質を上げるサプリメントが今は多数販売されているので、
サプリメントを飲むのもオススメです。

 

肌をキレイにする方法
page top