ストレスが溜まるとお肌が荒れるのはなぜ?

ストレスが溜まるとお肌が荒れるのはなぜ?

正しい睡眠をとっても、
肌に良い食事を取っても、
肌がよくなりません

 

という方がたまにいますがその方はストレスが原因しているかもしれません。

 

ストレスは体にさまざまな影響を与えてきます。

 

ストレスによって自律神経が乱れてしまい、自律神経によって働いている胃腸の働きが悪くなってきます。
ストレスで胃腸が痛くなるのは自律神経が原因しているんですね。

 

自律神経が乱れるとリンパなどの流れも悪くなり、体中に送られる栄養の流れが悪くなっていきます。
すると肌に充分な栄養が送られずに肌の細胞が痛みます。

 

そうして肌のバリア機能も壊れてきますから肌が乾燥したり紫外線などのダメージも受けやすくなってしまいます。

 

ついついまだまだ大丈夫!と軽視しがちのストレスですが、
胃腸や肌に違和感を感じる人は一度ストレスを疑ってみた方がいいかもしれません。

 

ストレスが溜まりすぎている可能性があります。

 

ストレス発散方法

 

ストレス解消の方法として代表的なものをいくつか載せておきます。

 

自分に合う方法を見つけることがストレス対策として効果的なので自分に合う方法を選んでみて下さい。

 

ゆっくりと湯船(温泉)につかる
親しい人にストレスを打ち明ける
アロマなどの香りを嗅いで神経を落ち着かせる
リラックスのできる(好きな)音楽を聴く
運動をする。ジョギングをしたり、ゆっくりと歩く
何もしない。何も考えない時間を作ってみる
歌を歌う。カラオケに行くとスッキリとする人は多いですね
おいしいものを食べる

 

今では心を落ち着かせるようなサプリメントを出ているのでこのようなものを服用することもオススメです。

 

ゴマに含まれるセサミンなどには抗ストレスの作用があるのでセサミンもオススメです。

 

 

肌をキレイにする方法
page top