ニキビ跡をキレイに治すため日々の行動から改善していく

ニキビ跡をキレイに治すため日々の行動から改善していく

腫れて炎症をおこしているニキビはとても痛いものです。
早めに治したいけど跡が残るのが怖くて対処出来ない方も多いでしょう。

 

ニキビをキレイに治すためには何が必要なのでしょうか。
ニキビは皮脂の分泌が活発な状態で皮脂や角質等の汚れが毛穴に詰まる事で出来てしまいます。

 

皮脂の分泌が活発になるには、ホルモンバランスの影響やストレス等で交感神経のバランスが乱れてしまう事が原因になっています。

 

しかし、皮脂の分泌を抑えるだけではニキビは改善しないのです。
肌本来の再生力を高める状態にする事で、自然と皮脂が抑えられ正常なバランスを取り戻せます。

 

肌の再生力を取り戻す為に必要なのは清潔な状態にする事です。
皮膚に付着した余分な皮脂や角質や汚れを取り除いておかなければ、悪化してしまう一方です。

 

枕カバーやタオル等の交換はこまめに行い、指先や髪の毛が顔になるべく触れないようにする事でホコリや菌が肌に付着するのを防ぎましょう。

 

続いて洗顔ですが、きめの細かい泡で優しく包むように洗い、
洗顔料が顔に残らないようにしっかりと濯ぐ事が重要です。

 

濯ぎが十分でないとニキビで肌が弱くなっている状態に拍車をかけて肌荒れしてしまいます。

 

そして、最も重要なのが保湿です。

 

肌は乾燥に弱く、乾燥状態は雑菌を悪化させる原因にもなります。

 

しっかり保湿された肌は再生しやすい状態になり、
ニキビの炎症・ニキビ跡による凸凹等で損傷した組織を回復させる事が出来ます。

 

コットン等で保湿を行う場合は時間を長くすると、
せっかく肌が吸収した水分を逆に吸い取ってしまう事があります。

 

スプレーボトルに化粧水を入れ、
こまめに肌に水分補給すると簡単で適度な水分を補うことができます。

 

 

参照:ジッテプラス

page top